はじまりここから

下手の横好きではじめたエッセイ風のブログです。平凡な日々の中で感じたことを少しだけエモく綴っています。ジャンルはニュースや音楽など。

スマホを他社に乗り換えようとしたら手続きに失敗しまくった話(MNP予約番号の罠)

f:id:aki800:20201207060209j:plain

MNP予約番号なるものを知ってますか?

今の時代、知っている人は多いと思うけど、一応言っておくと、MNPとは、Mobile Number Portabilityの略称です。

たぶん、これだけでは説明になってませんよね。

もう少し噛み砕いて説明すると、現在使用している電話番号のまま、他のケータイ会社に移りたいときに必要な番号のことです。

新しいケータイ会社に契約を申し込む前には、現在のケータイ会社からこの番号を取得しておかなくてはなりません。

取得するには店舗からお願いするケースと自分で直接お願いするケースがあります。

先日、僕はスマホを乗り換えるため、自分でその番号を取得することにしました。

手続きなんて簡単だろうと高を括っていましたよ。

けれども、蓋を開けてみれば、まさかまさかの大苦戦。最初につまずいてしまったもんだから、その後の手続きも超グズグズになる始末。

ミスばかりしていると、だんだんイライラもしてきます。そのせいで妻とは口論になりかけるし、子どもにも八つ当たりしそうになってしまったり、もう最悪。

簡単なはずなのに、いったい僕の何が悪かったというのか・・・?

auの「Amazonプライム」付き5G新料金プランやドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」の発表など、最近はスマホの乗り換えを検討する人が増えてきていると思います。

もし、これから乗り換えようと考えている人がこの記事を読んでいたら、万が一にも僕と同じような目には合わないよう、僕の失敗をぜひ参考にしてください。

うまくいかないからといって、くれぐれも家族や他人に当たるのはやめよう!

ちなみにこの記事はケータイ会社へのクレームではなく、あくまで準備が足りなかった自分への懴悔を書いています。そこは勘違いされないよう最初に断っておきます。

 

 

auからUQモバイルへの乗り換え

今回の乗り換えはauからUQモバイルへ乗り換えるケースです。

はてなブログからの今週のお題「自分にご褒美」と言えるほどでもないんですが、長年愛用してきたiPhone6(超旧式!!)をようやく買い替えることにしました。

iPhone6が古いからといって、別に不満があったわけじゃないんです。ただ、バッテリーがヘタってしまって、さっきまで50%以上残っていたはずなのに、いきなり10%未満になったりとか、怪しい動きをしはじめたもんだから、「そろそろヤバイぞ!」って感じで、やむなく買い替えを決意しました。

どうせ変えるなら、月額料金が安いUQモバイルに乗り換えよう。

結婚してからは必ず妻と一緒にケータイを乗り換えるようにしています。

今回はどうせスマホを変えるなら、そのタイミングで月額料金の安いケータイ会社へ乗り換えようという話になりました。

ケータイ会社自体は本当はもっと早くから変えたかったんですが、手続きが面倒で躊躇していたんですね。

だって、ケータイの手続きって昔から分かりにくくて、超メンドー。

手続きには今まで必ずリアル店舗に行ってたんですが、妻と合わせて2台分の手続きとなると、かなり時間がかかってしまいます。

小さい子どもがいる我が家にとって長時間が店に滞在するのはキツイ。店内の遊具なんかもコロナの影響で使用禁止になっていることが予想できちゃうわけです。

ネットで確認してみると、どうやら今はオンラインでも手続きができるらしい。

さらに、条件によっては店舗よりもキャッシュバックの金額やケータイの端末代がお得になることがあるんですと。

「それならオンラインでやるべきでしょ」ってことで、早速、家で手続きを始めることになりました。

が、しかし、これが長い闘いの始まりだったんです・・・。

MNPの取得方法 

店舗を除き、自宅からオンラインでMNP予約番号を取得する方法は大きく2つあります。1つは電話で、もう1つはWEBで取得する方法です。

ここで僕はWEBの方は選びました。

なぜならフリーダイヤルが基本的に好きじゃない。

つながるまでの間、待たされるのが苦手なんです。どのフリーダイヤルにかけても、たいて「現在、回線が混み合っています」とか言われて、気長に待つか、掛け直すように促されるのが気に入りません。

それはさておき、MPN予約番号はWEBのどこから取得すればいいのかわからなかったので、au mpn」のワードをヤホーYAHOO で検索してみました。

検索結果から広告サイトを除いた一番上にauのオフィシャルサイトを発見。クリックすると次の画面が表示されます。

ムムッ!!

f:id:aki800:20201210052425j:plain

 

 

一瞬よくわからなかったけど、目立たない字で「その1」または「その2」を選択するよう書いてあります。

どっちを選択してもauのアピールポイントが表示されます。解約の前には"もう一度よく考えて、踏み止まって"ってことですね。

下の方にスクロールしていくと「ご解約前の注意事項」ボタンを発見しました。

 

f:id:aki800:20201210052421j:plain

 

 

クリックすれば、ようやくご解約される方へのMPN(auから他社へのお乗り換え)のお手続きのボタンにたどり着くことができます。

 

 

f:id:aki800:20201210052431j:plain

 

 

さらに、クリックすると、いよいよ取得方法が表示さます。

う〜ん。仕方がないけど、なんて遠回り・・・。

f:id:aki800:20201210052442j:plain

 

 

やっとやり方がわかったと思ったのも束の間、今度はMy auにログインしなくてはならないらしいです。

このとき僕はちょっとしたミスを犯しました。ちゃんと見れば良かったのに、My auへの小さなリンクを見逃していました。もう一回見てください。

ここだよ。もう少し大きくしてくれると嬉しいな・・・。

f:id:aki800:20201210052437j:plain

My auといえば、アプリが頭に浮かんだので、ブラウザからアプリに速攻で切り替えてました。

知っておきたいのが、アプリからではMNP番号の取得はできません。

しばらくの間、アプリ内でさまようものの、途中でおかしいことに気づいてからブラウザのMy auにログインすると、お目手当のボタンを発見することができました。

MY au TOP → 画面上部「スマートフォン・携帯電話」→ ご契約内容/手続き → お問い合わせ/手続き → MNPご予約

この後はガイダンスに従っていくと、なんとかMNP 予約番号を取得することができました。

MNPの受付時間

なお、これで終わりではありません。

妻の分が残っています。妻には自分と同じ失敗を繰り返さないように学んだばかりの手順をレクチャーしました。

しかし、ここで大きな問題が。

気づけば、あと10分で20時になろうとしています。

注意しておくと、MNP予約の受付時間は9時〜20時です。

自分の手続きで時間をロスし過ぎてしまいました。

僕は焦って、妻に催促しましたが、妻は片手間にのんびりやっています。

「早くしないと受付時間が過ぎちゃうぞ」と繰り返し言ってたら、妻に逆ギレされました・・・。

『いやいや、君の為でもあるんですよ(妻に弱い)』と心の中でつぶやきながら、粘り強く訴えてみましたが、無情にもタイムオーバー。

契約手続きは続行不能になりました。

「もっと早く始めておけばよかった」

何事も時間に余裕をもって行動しましょう。

これが僕の1つめの後悔です。

 MNPの有効期限

次に作業を再開したのはその1週間後。

忙しい平日の夜に面倒な手続きをする気にはなれませんでした。

1週間前と同じ作業を繰り返します。今度は時間にも余裕を持って夕方から開始。(準備は万全だよ)

しかし、なぜか妻のMNP 予約番号の取得がうまくいきません。

途中に出てくる承諾書への同意はPDFを一度開いてからじゃないと同意できない仕組みになっているんですが、なぜか閉じると元の画面には戻れず、最初からやり直しに。

僕のときは全然つまずくところではなかったので、こちらの操作に何か問題があったと思うんですが、とにかく先に進めなくなってしまいました。

何度も繰り返すうちに妻がだんだんイライラし始めます。

いよいよ「電話の方が楽なんじゃない」と言い出しました。

「じゃあ、電話してみれば」。

先週のように逆ギレされたら構わないので、意見を尊重。迷わず電話に切り替えることに。

想像していた通り、フリーダイヤルはそう簡単にはつながりません。

休日の夜だからだったかもしれませんが、つながるまでに要した時間は約40分。

その間、妻のイライラは何度か沸点に達しそうなになりましたが、なんとか持ちこたえてくれました。(良かった 泣)

つながりさえすれば簡単に取得できるのが電話の魅力。あっさり取得してましたとさ。

待たされるのが苦手でなければ、電話の方が楽かもしれませんね。

何はともあれ、ようやく2人分のMNP番号が揃ったので、ついにUQモバイルの契約手続きを進めることになりました。

いざ、UQモバイルへ。

必要情報を入力していくと、当然のようにMNP番号を入力するところが出てきます。

ちゃんと取ってありますよ〜♪

ところが、申請しようとすると「予約番号有効期限は12日後以降かつ15日後以前で入力してください」と、謎のエラーのメッセージが表示されます。

どういうこと?

よくわかりませんが、どうやら有効期限の残数が足りていないと言われている気がします。

いろいろ調べてみると、契約するケータイ会社によって有効期限の残数が設定されていることがわかりました。

契約手続きや端末の配送にはある程度の日数がかかるため、その分を加味しておく必要があるということです。

要するに、MNP の有効期限が切れるまでには新しいケータイ会社と回線を開通させなくてはなりません。有効期限内に新しいケータイ会社に契約を申し込めば良いというわけではないのです。

つまり、MNP 番号を取得したらすぐに契約手続きに入るのが基本です。

僕は有効期限を1週間も無駄にしてしまったために、契約を結べなくなったということがわかりました。

またしても、契約手続きはお預けです。

「すぐに契約しておけばよかった」

やるべきことは後回しにせず、すぐにやりましょう。

これが僕の2つめの後悔です。

MNPの再取得

次の日、MNP 番号を再取得するために僕の苦手なフリーダイヤルに電話しました。

au の場合、WEB からMNP番号の再取得はできないらしいのです。たとえ使いものにならなくても有効期限が残っているMNP 番号は電話でキャンセルしなくてはならないからです。

営業時間の開始早々にかけたので、昨日の夜に比べればすぐにつながりました。

事情を説明すると、そのときのオペレーターが有効期限の残数設定について把握していないことには驚きましたが、とりあえずMNP番号はキャンセルしてくれるそうです。

そして、昼までには新しいMNP番号がショートメールで届くと言ってくれました。

少なくとも僕はそう聞いたつもりだった。

昼を過ぎても一向にメールの届く気配がありません。

仕方なく、もう一度電話を試みますが、今度は混みあっているのか、一向につながりません。

出かける時間が迫っているというのに30分以上コールしてもつながらない。

電話を切って早く出かけたいけど、またやり直しになるのが勿体なくて、なかなかあきらめがつきません。

僕のイライラは最高潮に達しかけます。

固定電話からなんか、かけなければよかった・・・。

そんな時、いつまでも出かようとしない父親に痺れを切らした息子が言い放ちました。

いつまで待ったって、つながらないんじゃないの?

その一言で軽くキレてしまいました。

じゃあ、切るよ!(怒)

既に我慢は限界に達しており、勢いで受話器の電源を切っていました。

息子の言い方も良くはなかったので妻は僕の気持ちを察して、息子を注意してくれていましたが、悪いのは僕です。

八つ当たり以外のなにものでもありません。スマン、息子よ・・・。

なんとしてでも早く番号を再取得したい僕は、今度はスマホからチャットで問い合わせをすることにしました。

契約の申請画面上からチャットでも質問できるようになっているんです。

しかし、フリーダイヤルのオペレーターから伝えられたショートメールが届かないことを説明すると、チャットのオペレーターはそのまま待つか、再び電話するように指示を出してきました。

チャットで対処できる範疇ではないようです。

電話がつながらないから、困ってんだよ!!(怒)

僕の怒りなど知ったこっちゃないチャットのオペレーターは、再び電話するようにしか答えません。

このままチャットしてても埒(らち)が明かないのはわかったので、しぶしぶチャットは終了。

チャットが終わると品質評価のアンケートを求められました。決してチャットのオペレーターは悪くありませんしたが、全く事態が改善されなかったことに、ついつい最低評価をポチっ。

その日、2回目の八つ当たりです。ゴメン、オペレーターさん・・・。

帰宅し、少し冷静さを取り戻した僕は再びフリーダイヤルにチャレンジ。

今度はあっさり5分程度でつながりました。

そこで、ようやくショートメールが届かなかった謎が判明します。

どうやらMNP番号を一度キャンセルすると、すぐには再取得の手続きができないようです。数時間空ける必要があるらしく、しかも再取得には再度電話をかけ直す必要があるとのこと。

いやいや、さっきはそんなこと聞いてねーよ!!!(怒)

今朝のオペレーターもそう説明されたのではないかと聞かれましたが、そんな記憶はございません。

仮に、再度かけなおす必要を伝えるのであれば、相手にわかりやすいよう注意深く言うべきでしょう。

まぁ、その場ですぐに新しい番号を発行してくれたので、特に文句は言いませんでした。

どちらにせよ、疲れ切って怒る気力もありませんでした。

MNP番号と契約者

ようやく手に入れた予約番号を使って、再びUQモバイルの契約手続きに戻ってきました。

僕の分の手続きは難なく終了。

続けて妻の分の手続きも無事に終了。

と思ったんですが、妻の申し込みにはキャンセルのメールが返ってました。

原因は支払い方法で登録したクレジットカードが僕の名義であったためです。

契約者とクレジットカードの名義は同一人物であることが必要条件でした。

妻は自分のクレジットカードを持っていなかったのですが、できれば支払いはクレジットカードにしたい。

今度は僕を契約者にして、利用者を妻で申請してみましたが、それも敢えなくキャンセルされて戻ってきました。

薄々気付いてはいましたが、MNP番号を取得した契約者でしか、乗り換えするときの契約は申し込みができないようです。

つまり、auを使用しているときに妻のケータイは妻名義で契約していたため、妻名義のまま取得したMNP番号では、妻でしかUQモバイルと契約ができないということです。

僕が契約者、妻が利用者でUQモバイルにで申し込むにはMNP番号取得前にauの契約者を変更しておかなくてはなりませんでした。

もう後戻りなんてできないよ・・・(泣)

2度とMNP番号の取得はごめんです。

結局、別の支払い方法を選択して、妻のクレジットカードを今後作るかどうかを検討することにしました。

「妻のケータイを僕の契約にしておけばよかった」

下調べはきちんとしておきましょう。

これが僕の3つめの後悔です。

最後に

それにしてもMNP予約番号の取得に、こんなにも苦労するとは思いもしませんでした。

ご自身で取得する際にはくれぐれもお気をつけください。

ちなみに先程の支払いに関してですが、クレジットカード以外の支払い方法は銀行の口座振替または郵送局の自動振込が選択可能です。

常識知らずで恥ずかしい限りですが、郵便局の自動振込の場合、手数料が発生するかがわかりませんでした。

そこで再びフリーダイヤル。(いい加減、抵抗がなくなってきました)

毎回のことながら不測の事態がおきます。

手数料について質問すると、オペレーターがそもそも支払い方法はクレジットカードしか選べないと言い始めました。

いやいや、選択肢が画面上に出てるし…

画面上に選択肢がちゃんと出てくることを伝えると、オンラインでの申し込みのことは良くわかりませんとかおかしな言い訳を始めます。(嘘じゃないよ)

結局このやりとりは今も謎のままです。

こちらの伝え方が悪かったのか、何かと勘違いをされたのかはわからないまま。

もはや、そのときのオペレーターには期待できなかったため、今度は再びチャットにトライ。

そしたら、郵便局の自動振込の場合でも振込手数料はかからないとすぐに教えてくれました。(最初からチャットにすれば良かったー。)

なんだかんだで妻の分は郵便口座の自動振込で申し込み、いよいよ手続きは終了です。

これで完璧と思っていたら、自分の申し込み内容の住所に誤入力を発見

郵便番号を入れると住所を自動入力してくれる機能ってありますよね。それを使うと、だいたい「〇〇町」までしか自動入力してくれない思っていたんですが、今回は「◯〇丁目」まで入力してくれていたんですね。それに気づかず、番地入力するときに「○○丁目」を重複して入れていました。

肝心のものが届かず、MPN番号の有効期限が切れても困るので、もはや何度目かもわからないフリーダイヤルに電話。

事情を伝えたところ、すぐに確認が取れ、「了解しました」との返事をもらいました。

これでようやくスッキリしたと思ったら、その後に耳を疑うような発言が聞こえてきました。

キャンセルしたのでもう一度申し込みをお願いします。

え~、修正じゃないの?

せめて一言言って欲しかったです。

結果は変わらなくても、もう一度申し込みが必要になると、キャンセルする前に言って欲しかったです。

予想しない事態に気を失いかけましたが、その日を逃せばまたMPN 番号の有効期限が切れてしまいます。必死で自分を奮い起こし、再び申し込みを完了させました。

そして、ついに届いた新しいiPhone SE

f:id:aki800:20201211060645j:plain

iPhone12 Proとかじゃないのかよ。

馬鹿にする人がいるかもしれません。

UQモバイルでは最新機種は選べません。

まぁ、あっても高いから選ばなかったですが、今僕を笑うヤツはきっとケガをする。

余談ですが、UQ モバイルのフリーダイヤルには新規申し込み用と既存ユーザー用の相談窓口があります。

申し込みが完了すると既存ユーザー用のフリーダイヤルにかけなくてはならないようです。

そのときにガイダンスでは電話番号とパスワードを求められますが、まだ発行前なので、デタラメな数字でも桁数だけ揃えて入力すればつながります。

ガイダンスでは特に補足もないので覚えておくと便利かもしれません。

豆知識のおすそ分けでした。

 

いや〜、本当に本当に長い闘いでした。

しつこいようですが、くれぐれも油断しないよう注意してください。

 

また、記事の中には間違ってるところがあるかもしれませんので、先に謝っておきます。(なにせ素人ですので)

もし、似たような経験をした方がいたら、コメントを寄せてくれたら嬉しいです。

 

おわり