はじまりここから

下手の横好きではじめたエッセイ風のブログです。平凡な日々の中で感じたことを少しだけエモく綴っています。ジャンルはニュースや音楽など。

あの頃の僕はゲレンデがとけるほど恋したかった

f:id:aki800:20210224053744j:plain

僕の家のクローゼットの奥には大きな板が2枚しまってある。1枚は僕のもので、もう1枚は妻のもの。先日片付けをしているときにそれを見つけて頬が緩んだ。

今週のお題 告白は最後に

ELLEGARDENの『The Autumn Song 』はこんな歌詞で始まる。

Summer time is gone
夏が終わってしまって

I miss it so much
さみしいね

My board lies in my garage
僕のボードはガレージで横たわって

Waiting for the snowy season
雪の降る季節を待っている

And again I would slide
そうしたら、また滑るんだ


作詞・作曲 TAKESHI HOSOMI
『The Autumn Song』より

[HQ] Ellegarden - The Autumn Song

可哀そうなことに僕のボードは1年はおろか、かれこれ10年近く雪の降る季節を待ち続けている。

気付けば上の子が生まれてから、一度もゲレンデに出掛けていない。大切に使っていたはずのボードは近くで見ると少し黄ばんでいた。真っ白な雪のような白さがカッコよくて選んだボードなのに…。

f:id:aki800:20210224053751j:plain

Burton Custom X

f:id:aki800:20210224053754j:plain

FLOWのビンディング

f:id:aki800:20210224053759j:plain

期待外れのゲレンデマジック

僕のゲレンデデビューは20歳の大学生のときのこと。1年を通してほぼ雪が降らない地域に生まれ、スポーツが苦手な家庭で育った子ども時代。そんな僕にとってゲレンデは遥か遠い存在だった。

初めて行ったゲレンデは長野県の白馬にある栂池高原スキー場。記憶では横浜駅発のバスツアーに参加したんだったと思う。

男が初めて何かをするときの動機なんてだいたい不純なものだ。一緒に行ったのは同じ大学生のバイト仲間4人組で男女2人ずつの組み合わせ。彼女なしが誘われて断る理由などあるはずもなかった。

僕が期待したのはゲレンデマジック。ゲレンデに行けば男も女も3割増しで素敵に見えると噂に聞く。普段ではあり得ないような恋の進展があるかもしれない。淡い期待に胸が高鳴り、下品な妄想で僕の頭は一杯になった。

行くと決まれば、すぐに準備が必要になる。レンタルウェアはダサそうなので、アウトレットに行き、できるだけ安くてカッコいいものを買い揃えた。ウェア以外にも帽子やゴーグル、手袋なども必要だったけど、全部、揃えるのは金銭的にキツイので借りれるものは大学の友達から借りた。

初めてのスノボとは言え、女の子の前でダサいところは見せられない。どうせなら「センスあるね」って言われたかった。新横浜にある室内スキー場で秘密の特訓をしたんだけど、いっさい上達することはなく、自信を失うだけに終わった。

出発当日、4人一緒にバイト先の居酒屋で食事を済ませ、夜のバスに乗り込む。バスは途中で新宿にある都庁の大型駐車場を経由した。駐車場には何台ものバスと大勢の人で溢れている。田舎者の僕にはそれがとても新鮮で刺激的な光景だった。

f:id:aki800:20210224053740j:plain

ゲレンデに到達すると、そこは見たこともない真っ白な銀世界。運がいいことに天気は快晴で視界も良好。幼稚園の頃に行った雪見遠足とはスケールが全然違った。

手先が不器用な僕はブーツをビンディングにセットするだけでも大苦戦。あれやこれや準備したくせに、完全なる初心者の男2人に対し、少しだけ経験のあった女の子たちが一から滑り方を教えてくれた。

そんなんだから何一つカッコイイところなんて見せれたわけもない。それでも初めてのスノボは超楽しかった。たとえ滑る楽しさを体感できなくても、大量の雪に囲まれた世界にいるだけで心が弾む。

結局、僕が一番期待したゲレンデマジックは不発に終わった。と、言うか魔法を起こしたのは僕ではなく、もう一人の男の方だった。

その魔法で繋がった糸はゲレンデを去ってからまもなくするとすぐに切れてしまうのだけれど、ゲレンデマジックは噂だけではなかったようだ。

社会人はゲレンデにハマった

地元に帰り、社会人になると本格的にスノボにハマった。学生時代と違うのは、バスではなく車で行くのが主流になったこと。

僕の住む静岡県中部では山梨県や長野県のゲレンデに行く人が多い。ただ、近場の山梨でも片道最低3時間程度はかかる。長野や更にその先の新潟なら最低5時間ぐらいは当たり前。今は静岡と山梨の間に中部横断自動車道が開通したおかげでだいぶ楽になったけど、当時は国道52号線のくねくね長い山道をコツコツ走るしかなかった。

それでも1台の車に大人数で乗り合って行くのは楽しい。交代で運転はするんだけど、寝不足で何度も危なかったことがある。苦戦したチェーンの取り付けも今となっては良い思い出だ。

最初の頃はよくレンタカーを借りていた。それがだんだん手続きや返却時間の制約が面倒になるとみんな自分の車にスタッドレスタイヤとキャリアを取り付けるようになっていく。

僕も当時乗っていたレガシーにTHULEのルーフボックスを取り付けてみた。そのときまで、ずっと「THULE」の読み方がわからなかったんだけど、「スーリー」と読むんだね。

ゲレンデが近くにある人にはわかりにくいかもしれない。時間とお金はかかるけど旅行半分で出かけるスノボは本当に楽しい。途中で寄る食事も、温泉も全てが楽しいんだ。

一番ハマっていたころはキッカーと呼ばれるジャンプ台やグラトリ(グランド・トリックと呼ばれる平地で板を回したりする技のこと)に挑戦したくてわざわざ本も買った。

たいしてできるようにはならなかったけどね

f:id:aki800:20210224053803j:plain

結婚した今、独身時代と同じようにスノボを楽しむことはできない。でも、子どもたちも大きくなってきたから、そろそろ家族でゲレンデに行こうかと思っている。

もう何年もブランクがあるからどのくらい滑れるかはわからない。

ゲレンデも昨年の雪不足に今年はコロナで苦境に立たされているところが多いだろう。

でもさ、大変だと思うけどさ、もう少しがんばって待っててよ。来年にはきっと行くからさ。

 

告白します 

そういえば今週のお題についてまだ書いていなかった。

実は最初にスノボに行ったバイトの男友達がゲレンデマジックを起こした相手の女の子は今の僕の奥さん。

それを聞いて「おいおい」って思う人もいるだろう。でも、これは事実。彼らのマジックはすぐ溶けたけど、僕のマジックはあのあと、時間をおいて発動した。

もし、あなたに今、誰か気になる人がいたらゲレンデに行くことをお勧めしたい。なぜなら魔法が起きるかもしれないから。

✳︎

最後に思い出の曲をもう一曲。リフトに乗りながら何度も繰り返し聞いた曲。

レミオロメンの『粉雪』。久々に聴いても素晴らしい名曲だ。

レミオロメン - 粉雪

 

おわり