はじまりここから

下手の横好きではじめたエッセイ風のブログです。平凡な日々の中で感じたことを少しだけエモく綴っています。ジャンルはニュースや音楽など。

【子育て・お金】児童手当改正案に思うこと

f:id:aki800:20201120055711j:plain

児童手当

なにやら児童手当の改正を検討する動きがあるようです。

児童手当のどの部分を改正しようとしているかと言うと、
高所得者世帯に支給している分の手当を縮小しようと考えているらしい。

※2020年12月10日に政府の方針が固まったことを受け、同月12日に記事を更新しました。

現在、所得制限を超える場合、通常より少ない児童1人当たり月額一律5000円を支給する「特例給付」があります。

現行の仕組み

  • 3歳未満 月額1万5000円
  • 3歳~中学生 月額1万円(第3子以降は1万5000円)
  • 中学生 月額1万円
  • 高所得者の場合は5000円の特例給付
    ※夫婦いずれかが働き、子供が2人の世帯の場合、960万円以上対象

改正案はその所得制限の算定基準を、世帯主の収入から、世帯全体の収入を合算する方式へ切り替えるものです。

しかも、より年収の高い世帯には給付の縮小や廃止も考えているとのこと。12月上旬ごろにに、所得制限の年収基準など具体的な内容が決まるそうです。

ちなみにこの改正によって捻出されるお金は、待機児童解消ための保育所整備などの財源に回すそうですが、少子化対策のための財源を他の少子化対策の財源を削って確保するって、なんか矛盾しているように感じますよね。

おそらく「高所得者はなんだかんだ他で優遇されているのでバランスを取る」みたいな見方が政府の中にはあるんでしょうが…。

※2020年11月21日追記

特例給付の現行の5000円を2021年度から2500円に減らす検討に入ったと、具体的な減額案の報道がありました。

※2020年12月12日追記

結局、年収1200万円以上の世帯は廃止が決まり、2022年10月支給分から適用されるようです。ただし、所得制限の算定基準については、世帯全体の収入を合算する方式の導入を見送り、従来の世帯主(所得の高い方)のみの年収で判断を続けることになりました。新制度開始後も、世帯主の年収が960万円以上1200万円未満であれば、これまで通り特例給付が支払われることになります。

高所得自慢

悲しいかな、高所得者ではない僕にとっては無縁の話ですが、世の中では約60万人分の子供の支給に影響が出るようです。

たとえ通常より少ない月額5000円でも、ずっと貯めていけば第2子までは約200万円貯めることができる計算のようなので、結構インパクトは大きいですよね。

1人で年収1000万円を稼ぐって凄いことですが、その程度では一般的な家庭と生活レベルがほぼ変わらないという話をよく耳にします。

貯金から200万円減らされると思ったら、多少お金のある家庭でもそりゃあツライですよね。

でも、高所得者にとってマイナスな話でも、中にはここぞとばかりに自分の欲求を満たそうとする人たちがきっと現れます。「私(または我が家)は高収入ですよ」自慢。

同窓会で学生時代の友達に会ったときや、ママ友の間でよくある話です。

誰も聞いていないのに無理矢理、年収の話題に話を持っていきたがる承認欲求が高い人達。

「俺の去年の年収は◯◯◯◯万円だったけど、おまえは?」とすぐにマウントを取ってきたり、「ウチはもらえる手当や補助金が少ないんだよね〜」とか、遠回しに自慢してきたりする。

優越感と引き換えに好感度を下げていることに気づいていないのか、それとも気づいていてやっているのか…。

本気で嫌いになるほどではないけれど、軽くウザがられてしまう残念な人たち。そんな人たちはどこにでもいますよね。

自慢と言えば、面白い記事を見つけたので紹介します。引かれるのが怖くて、自慢を話せずため込んでいる筆者が「どうやったら楽しく自慢を楽しく話したり、聞いたりすることができるか?」を友人に相談したときのお話です。

あるあるネタのようなつい共感してしまうネタがたくさん出てきて面白いんですが、何より友人とのやり取りでウケまくっている様子が楽しそうでなりません。

自慢話ってホント難しいですよね。ある意味言ったら負けって、自分でもわかっている感じがあるじゃないですか。でも、相手から先に自慢されたりすると、つい張り合いたくもなってしまうんですよね。

 

 面白いので時間があれば読んでください。

dailyportalz.jp

 

まとめ

今日の言いたいことをまとめますと、

少子化対策のための財源を他の少子化対策の財源を削って確保しようとするのは、やっぱりおかしいんじゃないだろうか。もっと他の方法を考えようよ」ということが一つ。

それと、もう一つは

「自慢話は話し方や話すタイミングが難しい。あまり自分にとってプラスになることは少ないいので、ちゃんと考えてから自慢するように注意しましょう」ということです。

 

以上