はじまりここから

下手の横好きで始めた雑記ブログです。

はじまりここから

下手の横好きではじめた自由な雑記ブログ

2020年8月31日ブログの投稿を開始しました!

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

『Clubhouse』が流行っても僕はラジオを聴く

f:id:aki800:20210205051759j:plain

次世代SNS『Clubhouse』って知ってる?

『Clubhouse(クラブハウス)』。ここ最近、その名前を耳にした人は多いと思う。

アメリカでスタートしたSNSサービスで、まだ日本語対応していないのに関わらず、1月下旬から日本でもユーザーが爆発的に増えているらしい。

「音声版ツイッター」とか言われていて、『room』と呼ばれる部屋では雑談が行われている。芸能人やインフルエンサーなどの著名人の会話も聞くことができるようだ。

モデレーター(司会)に挙手を認められれば、オーディエンスとして聞くだけでなく、会話に参加することができる。

完全招待制(ユーザー1人につき知人2人までしか招待できない)だったり、ライブ性(アーカイブなし、録音は完全NG)だったり、クローズドな環境で聞ける"ぶっちゃけトーク"が魅力らしい。

面白そうなのはよくわかった。でも僕は興味を持っても、自分が使ってみたいという気持ちにまではまだまだなれそうにない。10代や20代の頃は流行りに早く乗りたいと思いが強かったけど、おっさんになった今、そんな気持ちは既に萎えている。

それにSNSはもうお腹がいっぱいだ。特にここ3、4ヶ月はブログが楽しくてかなりの時間をSNSに割いている。インスタやフェイスブックは使わなくてもツイッターは使っている。SNSじゃなくてもユーチューブやニュースアプリもあって、スマホを見ている時間が決して短いとは言えない。これ以上スマホに時間を捧げたら、リアルな生活になんだか申し訳ない気がする。そんなこともあって、今は新しいSNSをやる時間も気力も僕にはない。

これが『Clubhouse(クラブハウス)』

f:id:aki800:20210205051803j:plain

じゃあ、『radiko』は知ってる?

「おっさんじゃん」って言われるかもしれないけど、音声のコミュニティなら僕はまだラジオが良い。

実際のところはよくわらないけど、ラジオを聴くのは年齢層が高いイメージがある。若者よりは確実に中高年の方が聞いている人が多いだろう。

僕自身はラジオのコアなファンというわけではないんだけど、通勤途中の車の中ではラジオをしばしば聞く。

ラジオが面白いと思うのは4大メディアと言われながらも、TOKYO FMのように全国に流れる大きな放送局もあれば、地元の商店街にしか流れないような小さい放送局もある。

それに昔から一般人が意見を投稿できるスタイルを取っているのがラジオだ。テレビのように制作側から一方的に流れてくるものを受けるだけとは違う。

ラジオは投稿ができるけどSNSのように簡単に"いいね"はもらえない。番組のパーソナリティに読み上げてもらえて初めて"いいね"がもらえる。僕は経験がないけど、ラジオで読み上げてもらう瞬間ってめちゃくちゃ嬉しいんだろうな。

リスナーが参加して制作側と一緒に1つのコンテンツを作り上げる。その仕組みを先駆けてやってきたラジオって、本当に凄いと思う。

ちなみに『radiko(ラジコ)』というアプリを知ってる?『Clubhouse』よりは知っている人はさすがに多いかな?

ラジコはスマホやパソコンからラジオが聞ける無料のサービス。1週間以内に放送された番組が聴けるタイムフリー聴取機能や、全国のラジオが聴き放題のラジコプレミアムなんかもある。

僕は家でラジオを聞きたいときにはラジコを使っている。これがなかなか便利だ。

『radiko(ラジコ)』試してみて!

f:id:aki800:20210205051807j:plain

ラジオに救わるかも… 

実は今回ラジオについて書こうと思ったきっかけは前回の記事でも紹介した『ONE MORNING』というラジオ番組。パーソナリティの鈴村さんがこれまた良いことを言っていた。

今、悲しいことにコロナが原因で自ら命を絶つ人が増えている。直接的でなくても、孤独になりやすい状況が大きく影響しているらしい。誰にも相談できない環境が自分を追い詰める。

ラジオを聴いてもらうことで、その孤独から少しでも救えるかもしれない。ラジオはテレビよりも身近に人を感じられる存在だからだ。だから、ラジオを聴いてほしい。

鈴村さんは確かそんな感じのことを言っていた。

ラジオは『Clubhouse 』ほど刺激的な面白さはないけど、どこか優しいコンテンツだ。

本当は2つを比較するものではないことはわかっている。けれども、僕は改めてラジオの魅力を感じた。

もし、ラジオをあまり聴かない人はたまにはラジオを聴いてほしい。素敵なコンテンツに出会えるかもしれない。

 

おまけ

今回の最後とタイトルにちなんだ曲を1曲貼っておきたいと思います。パンク界のカリスマ横山健さんの曲だ。


Ken Yokoyama- I Won’t Turn Off My Radio (OFFICIAL VIDEO)

 

I won't turn off my radio, oh no

絶対に僕はラジオを切らないよ

Cut through space and time

時も場所も超えて

Make this bored man smile or make me cry 退屈そうな人を笑わせたり、泣かせたり

I won't turn off my radio

そんなラジオを切るわけないよ

 

『I Won't Turn Off My Radio 』Ken Yokoyama 

どんなにネットが流行ろうが、ラジオはオワコンなんかにはならない。

たぶん僕はこれからもラジオを聴き続けるだろう。

 

オー、レディオ、レディオ、レディオー!!

 

おわり

 

 

Recommend ーおすすめの記事ー