はじまりここから

下手の横好きではじめたエッセイ風のブログです。平凡な日々の中で感じたことを少しだけエモく綴っています。ジャンルはニュースや音楽など。

僕が新聞をやめて"意識高い系"と言われるNewsPicksに乗り換えた理由

f:id:aki800:20210422055349j:plain

長く悩んだ末、僕は昨年の夏に新聞を取るのをやめました。実家を出て自分名義で契約してから、ちょうど10年が過ぎようしていた頃です。

スマホで最新のニュースが受け取れる時代。新聞が自分の生活に必要不可欠なものでないことはずいぶん前からわかっていました。


しかし、昭和生まれの僕は新聞が家にあるのは当たり前で、大人はみんな新聞を読むものだと刷り込まれて育った人間です。

古き良き新聞をやめて、新参者のニュースアプリに乗り換える。それはなんだかとても薄情な気がして、すぐに決断ができずにいました。
いざ販売店に断りの電話を入れ、店主の残念そうな声を聞いたときには後ろ髪を引かれたものです。

 

新聞の関係者には酷な事実かもしれませんが、新聞をやめようか迷っている人はまだまだ多くいるのだと思います。

ちょっと大袈裟だったかもしれませんが、中には僕と同じような感覚で新聞をやめることに抵抗を感じている人もいるかもしれません。

 

迷っている人に必要なのは新聞とニュースアプリのメリット・デメリットを整理し、比較してみることです。

 

誤解のないように言っておきますと、新聞がニュースアプリよりも劣っているとは思っていません。

どちらが優れているかは使用する人との相性で決まるのだと思っています。

今回は僕なりに出した答えを一例として紹介しますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

お題「#新生活が捗る逸品」×News Picks

ちなみに僕が新聞の代わりに選んだのはNews Picksというニュースアプリです。NewsPicksは無料でも使用できますが、有料プランのプレミアムコースに登録しています。

たまに"意識高い系"と揶揄されることもありますが、コンテンツがとても充実している優れたニュースアプリです。

今回紹介する例は新聞とNewsPicks(プレミアムコース)との比較になります。

 

NewsPicks(ニューズピックス)

NewsPicks(ニューズピックス)

  • UZABASE, Inc.
  • ニュース
  • 無料

apps.apple.com

play.google.com

 

新聞をやめた3つの理由

新聞とニュースアプリのメリット・デメリットを分けたポイントは大きく3つあります。

 

①ニュースを読める場所と読める時間

f:id:aki800:20210422055354j:plain

ニュースアプリのメリットはどこにいてもニュースを読めるところです。スマホは基本的にいつも持ち歩いていますし、僕の場合は個人のスマホとタブレット、会社のスマホとパソコンからアプリを利用しているので、基本的に見たいと思えばいつでもニュースを見れます。

有料プランであっても1つアカウントからであれば複数の端末でログインすることができますので、場所が限定されることはありません。

当たり前ですが、新聞を常に持ち歩くことはしません。乗り物での移動中に読むことはできますが、混んだ電車やバスの中では読みにくいこともあります。新聞を大きく広げて読める場所は自宅か職場に限られてきます。

 

僕にとって大事なのはニュースアプリがどこでも見れる点で、少しの暇があればすぐにニュースを読める点です。

 

一日の中で自由な時間がたくさん取れれば良いのですが、子どもがまだ手がかかる年齢なので、仕事と家事と育児で自分のために割ける時間は決して多くありません。

まぁ、それも半分は言い訳になりますが、まとまった時間が取れるのならニュースを読む以外にもっとやりたいことがあるということです。

自由な時間を取りやすかった若い頃に比べると新聞を読む時間は次第に減っていき、ときにはまったく読まない日も珍しくなくなりました。

『せっかく買っているのに読まないことが増えた』これが新聞をやめようと思った1番大きな理由です。

 

②月の購読料

f:id:aki800:20210422055342j:plain

2番目はお金の問題です。僕は地方紙を利用していましたが、購読料は月額で3300円でした。

家族内に自分以外で新聞を読む人がいればまた違ってくるのですが、僕の家では僕しか読まないので、僕一人に新聞の購読料が掛かってきます。

 

一方でNeswsPicksの料金は月額1500円で、1年分をまとめて契約すれば1250円まで安くなります。

 

新聞の購読料が高いと言うつもりはありません。新聞は紙やインクなどの材料費が掛かりますし、販売店の経費も掛かります。

台風などの荒れた天気の日やお正月などの特別な休日。空が暗いうちから新聞を届けてくれる配達員さんのことを考えると決して高いとは言えないです。

とは言え、本の読み放題や動画の見放題など、安くて便利なサブスクが溢れている時代に2000円近い金額の差は大きいです。

配達員さん達には申し訳ないですが、たとえば新聞(3300円) 対  NewsPicks(1250円)+Netflixs(1490円)ではやっぱり新聞の分が悪いです。

2021年4月時点の金額です。Netflixはスタンダードプラン参照。

 

『料金の安さではニュースアプリに勝てない』これも大きな理由です。

 

③古紙回収

f:id:aki800:20210422055358j:plain

新聞は気付くとすぐに溜まっていきます。紐で束ねて縛るだけでも面倒なんですよね。置き場所も取るので頻繁に回収にも出さなくてはなりません。

新聞はときどき物を包むのに重宝しますが、片付けと回収の手間は結構な負担になります。

『古紙回収が面倒』この理由も地味に効いてきます。

 

ニュースアプリに乗り換えた理由

f:id:aki800:20210422055346j:plain

ここまでは新聞よりもニュースアプリの方がメリットが大きい点を書いてきましたが、新聞の方が優れていると感じる点もあります。

 

新聞は色んなカテゴリーのニュースをバランス良く一覧できる点です。"バランス良く一覧できる"には2つ意味があって、1つは選ばれたニュースが並んでいることと、もう1つは1枚の紙に複数のニュースが並んでいることです。

 

ニュースアプリの場合は基本的に1ページに1記事しか表示されません。別の記事を読むにはわざわざページを切り替える必要があります。

加えて、自分で読みたいニュースを選ばなくてはなりません。自由にニュースを選ぶことは良い部分でもありますが、自分に役立つニュースを探す作業は意外と大変です。

 

こだわりがなければ、ニュースを探して読むよりも与えられたニュースを読む方が快適でしょう。

 

同じ時間であればニュースアプリよりも新聞の方が多くの記事を読むことができるはずです。

 

NewsPicksでは経済に特化しています。事件・事故やスポーツ、イベントなどのカテゴリーを幅広く読むには適していません。

けれども元々僕が新聞で読んでいたのは一面を除いて、ほとんどが政治面と経済面でした。その他のカテゴリーはテレビやヤフーニュースを少し覗き見るだけで十分満足できてしまいます。

ですので、僕の場合に関してはこのニュースアプリのデメリットがあまり問題にはなりませんでした。それにNewsPicksはこのデメリットを打ち消すぐらいの魅力があります。

 

NEWS PICSの魅力

NewsPicksには他のニュースアプリと同様に報道各社のニュースのキューレーションで構成されています。

さらに有料プランに登録することでNewsPicksのオリジナルコンテンツや海外トップメディアの翻訳記事なども読めるようになります。

僕が特に魅力的に感じている点は2つです。

 

premium.newspicks.com

 

①ニュースのプロピッカー

NewsPicksでは気に入ったニュースや後で読みたいニュースを「PICK(ピック)」と呼ばれる機能でブックマークを付けることができるます。

記事のタイトル下にはピックした人数が表示されており、記事を選ぶときに記事の注目度を確認できます。

また、ピックするときはコメントを入れることができ、他のピックした人のコメントも読めるようになっています。

 

ピッカーの中には経済、ビジネス、医療、テクノロジーなどの分野の最前線で活躍するプロピッカーがいて、素人とは違った専門的なコメントを見ることができます。

 

記事の内容だけでは説明が不十分だったりすることもあるので、プロピッカーによる解説は参考になります。

それに、素人にはわからない記事の粗(ミスリードなど)を指摘してくれているコメントはニュースの本質を知る上で貴重です。

 

③オリジナル記事とオリジナル動画

有料プランにする1番の理由がこれです。

プレミアムコースではNewsPicksオリジナルの記事や動画が読み放題になります。

 

オリジナル記事はNewsPicks編集部がそのときの旬なネタからテーマを選び取材したもので、経済や政治の仕組みを図解でわかりやすく解説してくれます。見やすいデザインは素晴らしいですし、話題の経営者のインタビューなんかも面白いです。

参考までに2019年に人気の高かった記事のタイトルの紹介です。

 

2019年のベストオリジナル記事(1位〜10位)

 

  1. 大前研一「稼げるスキル」
  2. ガラパゴスiPSの失敗(山中教授)
  3. TAKA「世界で戦う理由」(ONE OK ROCK)
  4. アップルカードの破壊力
  5. 与沢翼「家を買うなら」
  6. 「デザイン音痴」に告ぐ
  7. 人気でも社員評価の低い会社
  8. 吉本興業と裏社会「全史」
  9. ヤバいWeWorkのすべて
  10. 橘玲「最強のお金の増やし方」

 

オリジナル動画では堀江貴文や落合洋一の番組であったり、討論形式で経済界の著名人や芸能界のタレントを集めた番組などがあります。

 


www.youtube.com

 

僕は新聞を読んでいるときから記事よりも社説のようなコラムを読むのが好きでした。

個人の見解に傾倒し過ぎてしまう場合もありますが、漫然と事実だけを読むよりも誰かの意見を読んだ方が本質を理解しやすいですし、記憶にも残りやすいからです。

オリジナル記事やオリジナル動画を見るだけでもNewsPicksの有料会員になる価値があると思っています。

 

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

僕が迷った挙句、新聞をやめた理由とNewsPicksに乗り換えた理由を紹介しました。

はじめに書きましたが、新聞とニュースアプリのどちらが優れているかは一概に言えず、使用する人との相性で決まるものだと思っています。

最後にもう一度ポイントをあげておきますので、新聞をやめようか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

 

新聞をやめてニュースアプリに乗り換えた理由

  • どこでもいつでも読みやすい
  • 購読料が安い
  • 古紙回収の手間がいらない

 

NewsPicksを選んだ理由

  • プロピッカーのコメントが参考になる
  • オリジナルの記事とオリジナル動画が魅力的

 

それでは読んでくれた方が最適な選択を取ってくれることを願っています。

今さらですが、僕にとってはNewsPicksが新聞のない新生活が捗る逸品です。 

 

おわり