はじまりここから

下手の横好きではじめたエッセイ風のブログです。平凡な日々の中で感じたことを少しだけエモく綴っています。ジャンルはニュースや音楽など。

ビジネスバッグに迷う。master-piece VS Aer

うーん、絶賛悩み中。仕事用のバッグを買い替えたくて、かれこれ1ヶ月近く新しいバッグを探し続けている。ようやく二つまで絞り込むことはできたけど、まだ決めきれていない。 master-piece/Various Aer/Flight Pack 2 TUMI/ALPHA T-Pass 26541 master-pi…

靴下と平成レトロ

今週のお題「お気に入りの靴下」。 自分には書けないテーマと思い、一瞬スルーしそうになってやめた。よく考えてみると、他人の靴下を観察していることが案外多い。しかも男女問わず。 「彼の靴下はマジかっこいい」とか、「彼女の靴下はスゲェそそるわ」み…

秋のみかん狩りでレアな菊みかんをゲットした

11月も中旬に入り、秋が深まってきました。そろそろイイ頃かと思って、紅葉の名所を訪れてみたんですが、少し早かったようです。赤や黄色に染まっていたのはまだ一部だけで、多くは青が残っていました。うーん、残念。 11月のはてなスマホ写真部 気を取り直…

冬を待つ秋の歌『The Autumn Song 』

今週のお題「秋の歌」。秋は英語で「autumn」。お題の主旨と少し違うかもしれないけど、以前に秋の歌ではじまる記事を書いたことがあったので、リライトしてお届けします。 ゲレンデマジック 家のクローゼットの奥には大きな板が2枚しまってある。1枚は僕の…

嬉しいのに素直に受け取りにくいのさ

少しずつ。少しずつ、外での行動が自由になってきた。遠く離れた人に会いに行ったり、家族以外の人と食事をしたり。社会は少しずつ失われた平常を取り戻そうとしている。 他方、心情としては、いつまた閉塞した世界に戻ってしまうかわからないと、慌てて予定…

チョコ好きではない人にもおススメな厚さ0.5ミリのくちどけ

口当たりが良くて、見た目が斬新なチョコレートに運良く出会えたので、頼まれていないけど教えます。 東京都青梅市にある有限会社プラムが販売している『ロールショコラ』と呼ばれるチョコレート。厚さ0.5ミリの極薄生地を丸めた「パリパリの食感」と噛んだ…

龍灰名曲十選

好きになる瞬間は突然やってくる。何かを好きになるのに理由はいらないし、いつどこで何を好きになるかなんて誰にもわからない。人は外見なり、音なり、手触りなり、味なり、匂いなり、五感から何かを好きになる。 お気に入りの曲もラジオや店で偶然聴いたの…

誉田哲也の『武士道シックスティーン』をまた読みたくなって

「剣道三倍段」という言葉を知っていますか。僕はずいぶん昔に上司から「無手の空手家や柔道家が武器を使う剣道家と互角の戦いを挑むには三倍の段位が必要なんだよ」と教えられました。当時、社内で定年退職する方がいて、その息子さんが警察官、しかも剣道…

「青春の輝き」でプロポーズを叫べたら

今週のお題「叫びたい!」。 叫ぶと言えば、先日放送していたV6のバラエティ番組「学校へ行こう!2021」の「未成年の主張」を思い出す。 青春の輝き 「学校へ行こう!」は1997年から2008年にかけて放送されていた番組で、V6の解散を前に一夜限りの復活。若い…

秋の日本平と徳川家康が眠る久能山東照宮

今回は投稿が遅くなっていたはてなスマホ写真部の活動記事です。テーマは「秋を感じられる あるある写真」ということで、近場の秋を探してきました。 撮影に行った場所は「日本平」。標高300m程度の有度山を中心とした丘陵地で、富士山や伊豆半島が一望でき…

メランコリックな独り言

意味深なことを書いて、いたずらに他人の同情を引くべきじゃないし、優しい人の心に付け込んで、余計な心配をさせるのは間違った行為だと思う。他人の愚痴を好き好んで聞きたい人なんているわけないし、詳しい事情もわからないのに辛いとだけ言われても聞か…

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」の巻

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」。自己紹介はハッキリ言って苦手ですが、せっかくなんでチャレンジしてみようかと思います。質問は10個もあるんでサクサク行きましょう。 ①ブログ名もしくはハンドルネームの由来は? ②はてなブログ…

挨拶ができないクソヤロー!

週末はだいたい近所の山にジョギングへと出かける。山を走ると聞いてスゲェと思われる人もいるかもしれないが、畑に続く舗装された農道を走るだけで、ご近所の年寄りの間では定番のハイキングコースになっている。勾配がきつい坂は歩かない程度にゆっくり走…

僕は大好きなこたつをやめた

いよいよ涼しくなってきた。急に寒くなると冬の準備でバタバタするから大変だ。慌てて冬服を衣装ケースから引っ張りだし、リビングのラグを夏物から冬物に変えた。終わらない夏のせいで秋の始まりはいつも曖昧だ。秋は突然やってきて、すぐにまた冬にバトン…

親ガチャを真剣に語るのはナンセンスだ

もう秋だというのに炎天下で行われた娘の運動会。照りつける日差しでうなじのあたりが焼けるように痛い。だけど、僕の心は満たされていた。娘は足が速い。徒競走を一位でぶっちぎり、代表リレーでも快走を見せてくれた。暑いのを我慢してカメラを回した甲斐…

インドカレーのお店がくれる見えないポイント

10月1日、緊急事態宣言が解除された。色々と思うところはある。ひとつには外食や観光などの産業が少しづつ活気を取り戻していって欲しいと思う。もちろん「油断するな!」と言いたい人の気持ちはわかる。わかるよ、ちゃんとわかっています。でも、自分の考え…

はてなブロガーには珍しい小説の記事「福井歳春の杞憂」を読んで

今回はブログ仲間のジロー(ジロー (id:surrealsight) )さんが書いた短編小説について書評のようなものを書いてみたいと思います。ジローさんが僕を仲間と認めてくれているかはわかりませんが、厚かましくも認めてもらえている前提で記事を書かせていただき…

明智光秀の生存説がデタラメらしくてモヤッとした

昨日のことです。先日見た某バラエティ番組がYahooニュースの記事でバッサリ斬られていました。 news.yahoo.co.jp 番組の内容は、かの有名な明智光秀が『本能寺の変』のあとも別の人物となり生きていたする光秀・生存説の謎に迫るというものでした。 僕は知…

朝活と早起きは三文の徳とは限らない

眠れない。寝たいのに目は冴えている。瞼を閉じる。でも、夢の中には潜っていけない。 明日は早い。なぜ眠れない。考えて憂鬱になる。どうすれば良い?焦る。イライラする。 仕方がない。あれこれ考えて気を紛らそう。明日のこと。週末のこと。心配なこと。…

正義のブタと正論を振りかざす男

日本人なら好きなアニメヒーローの一人や二人いても不思議はない。昭和の頃から世代ごとに愛されてきたヒーローがいる。 ただし、ヒーローと一言でいっても性格や精神性は様々だ。昭和の孫悟空と令和の竈門炭治郎ではタイプが違うし、平成の碇シンジのように…

写真と捨てにくいオモチャの捨て方

少し前にブログ仲間のユゥヨ (id:byte0304)さんがはてなブログに新しいグループを作りました。 その名も『スマホ写真部』。活動内容は毎月発表されるテーマに沿ってスマホで写真を撮り、記事を書くこと。 書くネタに困った経験やブログ仲間を増やしたいとの…

映画『水曜日が消えた』がブロガーを風刺しているようでゾクッとした

暇つぶしにAmazonプライムで見た映画が何気に面白かった。 タイトルは『水曜日が消えた』。2020年6月に公開され、主演は中村倫也。 概要 あらすじ 見どころ 多重人格とブログ 概要 まず、タイトルが意味不明で惹かれる。何年も前にバカリズムが『週刊SPA!』…

輝きを忘れるな!2011年 AIR JAMから10年

もしかしたら俺は将来スターになって輝かしい人生を歩むかもしれない。それは夢と呼べるようなものではなく、子供の頃に抱いた根拠のない幻想に過ぎなかった。生まれつき何かの才能があるわけではなく、人並み外れた努力をする根性もない。そんな男に特別な…

日本茶と家業を継がなかった男の思い

今週のお題「好きなお茶」。 僕の実家は日本茶の小売業を営んでいた。家は店舗兼住宅。隣接して工場もあったけど、今は残っていない。会社をたたむときに更地にして一部を他人に売った。残りは駐車場として利用している。 店を閉めたのは一年ほど前になる。…

どっちつかずのI want you な奴

「どっちつかずのI want you」 高校時代に友人からこんなセリフを言われたことがある。 記憶ではダウンタウンの松ちゃんのギャグを真似たものだったと思う。当時は自分を含め、仲の良い友人3人で行動することが多かった。長い時間を一緒に行動していれば、何…

書きたいことがないけど今日は書くよ

書きたいことがないくせに、どうにかして書こうとしている自分がいる。何かを書かないと気持ちが落ち着かない。 これってヤバいよな…と冷静に自分を俯瞰しつつ、以前にある人がSNSを煙草に例えていたのを思い出す。ある人とは、インフルエンサーとは少し違う…

野良猫に餌をやるおばあさんと口論になった記憶

今週のお題「爆発」。 つい怒りが爆破してしまい、後味の悪かった日の記憶。 犯罪者のセリフです 猫と老婆 ペットを飼う条件 犯罪者のセリフです 動物の日記や記事はブログの人気ジャンルの一つだ。僕が読者登録しているブロガーさんの中にも可愛いペットた…

リアルで会うことのメリットが定量化できない

今週のお題「サボる」。 我ながらダセェなぁと思うことを白状すると、ここ最近は仕事がちょくちょく暇になるときがある。仕事が暇になることをダセェと思っているわけじゃなく、仕事が暇になるとすぐに気持ちがソワソワして落ち着かなくなる小心者なところが…

水島新司の名作「大甲子園」は不滅である

まったくゲームをしない大人になった僕も、子どもの頃は紛れもなくゲーム少年だった。ファミコン世代に生まれただけあって、とりわけファミコンに費やしてきた時間は長く、その分印象に残っているソフトも多い。 いざ記事を書き始めようとしたものの、あっと…

安くておいしい食事を食べられる貧しいニッポン

今回はめずらしく経済のことを書いてみたい。いや、" めずらしく"ではなく、"はじめて"が、きっと正しい。 なぜなら最近、日本のデフレに関する記事ばかりが妙に目に付く。 無意識に自分で記事を選んでいるだけかもしれないが、 もしかしたら同じような…